エルニーニョ現象

エルニーニョ現象

エルニーニョ現象(El Niño)

エルニーニョ現象

太平洋の海水温度が通常よりも高くなる現象で、大気や海洋の循環パターンに影響を与える気象現象の一つです。エルニーニョは約2〜7年の周期で発生し、通常は数ヶ月から1年以上続くことがあります。

エルニーニョ現象は、主に次のような特徴を持ちます

暖水流の増加

通常、赤道近くの太平洋で冷たい水流(フラッド流)が南米の西岸に向かって流れていますが、エルニーニョ現象が起こると、このフラッド流が弱まり、暖かい海水が南米沿岸に運ばれます。

気象パターンの変化

エルニーニョの影響によって、世界中の気象パターンに変化が現れることがあります。たとえば、豪雨や洪水の発生、乾燥や干ばつの発生、風や気温の変化などが報告されています。

影響範囲

エルニーニョの影響は、太平洋沿岸地域を中心に広範囲に及ぶことがありますが、その影響は世界中に波及し、気象や農業、漁業・サンゴの生態系などに影響を与えます。

対応策

エルニーニョの発生が予測される場合、気象予報や対策が行われ、影響を最小限に抑えるための対応が取られます。

対照的に、エルニーニョの対極的な現象であるラニーニャ現象(La Niña)では、太平洋の海水温度が通常よりも低くなる状態が続きます。これも世界中の気象パターンに影響を与えますが、エルニーニョとは対照的な影響が現れることがあります。

関連記事

  1. ダイビング TheDIVE

    海外ダイビングに行く際の注意点 ダイビングスキルの確認

  2. 減圧症

    減圧症とは

  3. ラニーニャ現象

    ラニーニャ現象

  4. ドリフトダイビング

    ドリフトダイビング

  5. ダイビング 適正ウエイト

    ダイビング 適正ウエイトの調べ方

  6. ダイビング 中性浮力

    ダイビングでマスターしたいスキル中性浮力